マレーシア紀行【3日目B・寺院散策】

さて、ドリアンで思い切り血糖値があがり、次の観光地を目指します。

次の観光地は、極楽寺

さて、ここでピンチです。デジカメの充電が尽きてきました。昨日撮影した後、電源を落とさずにスリープにしていたのが原因のようです。タブレットは今朝充電してありましたが、デジカメと併用していたので電力が心もとないです。

で、ここでドライバー氏が土産物屋のお姉さんに声をかけて、電源を使わせてもらうことに。

ホント、いたれりつくせりです。

極楽寺ですが、でかい!

山の斜面を削って作ったような作りで、最終的にはケーブルカーで上ります。

あの、中国寺院の派手な色彩が、どことなく郷愁を誘います。

一通り見終わった後は、手近な場所でドライバー氏と昼食。

名前がよくわからない麺料理を注文。

で、その食堂で、なんかを売り歩いているおっちゃんがいます。

「あれなに?」

「*****」

名前は忘れましたが、とにかく注文。

出てきたのは、ウリ系のフルーツに、甘い味噌をかけたようなもの。

基本的に甘い料理は苦手ですが、これはウリがすっきりしているため、意外と食べることができました。

次の観光地は、ミャンマーとタイの寺院が向かい合わせになっているところへ。各寺院の見比べです。

まずは、ミャンマーの寺院。

非常に落ち着いた作りです。ああ、これがお寺だなー、と。ところどころ、金箔を縫ってあったりはしますが、それでも先刻の中国寺院より、日本に近い感じがします。

で、次はタイの寺院。

派手です。

てかてかしてます。

龍の置物とかも、キンキラキンです。なんか、フェスティバルです。

ミャンマーがお参りする場所とすると、タイはお祭りする場所とでも言いましょうか。観光客は圧倒的にタイのほうが多かったですが。

メインとなる仏像も、まったく違います。

とまあ、この日の主な観光場所は終わり、次はホテルへチェックインです。