Radiance Renew vol.2

続き・・・。

で、問題の首部分の変更。

一見するとボディの首のあたりがゴッツイ事になってますが・・・。このゴッツイ部分だけ素材はゴムなので、引き抜けるんですね。残ったボディは今までのボディとほぼ同じなんだけど、今まで首を固定してた「くびれ」というか細くなってる部分の幅がちょっと広い。

という事は、このまま他の種類のブライスには交換出来ません。

ま、それはいいとして、取り外したゴムパーツ。

ピュアニーモボディに変更する場合は、今まで通り首のトップ部分の波打った造形を平たくカットしてから、ネジを打ち込む穴をあけ、このゴムパーツを乗せた状態でネジを締めて合体!

このままラディエンスリニューの顔の前後パーツに組み込めます。

あ、このゴムパーツ。薄くなってる方が後頭部にピッタリ入り、分厚い方は顔側に納まります。

なんで、この構造にしたのかというと・・・。

おそらく、今までは首を左右に動かす事によってボディの首部分のプラと顔の前後パーツのプラが磨滅していって、結果的に緩くなるのを予防する意味がひとつ。

今後金型が劣化していった場合、出来上がるボディの微妙なサイズのズレが起こっても、ゴムパーツによって首の緩みが(たぶん)起こらないって判断なんだと思われます。

そんなこんなで・・・今までの各種類のブライスの構造では、分解・組み立ての際にそれぞれに難しいというか、「ここなんとかなんないの?」みたいな初心者には厳しい部分があったんですが、ラディエンスリニューの場合、頭部とボディの交換に関してはラクラクに、しかもキレイに分解・組み立てが可能になりました。

アイギミックに関しては大きな変更箇所は無いので、それなりのスキルが必要な事は変わりませんけどね。

以上、ラディエンスリニューの分解・組み立て・ボディ交換のレポートでございました。

広告を非表示にする