『君主−仮面の主人』

5月10日からMBCの水木ドラマ『君主−仮面の主人』がスタート。

40話予定。(1話35分枠)

1700年代に実在した、朝鮮全土の水を私有し巨大な富と権力を得ていた組織ピョンス会に立ち向かって闘う王世子イ・ソンの大義ある死闘と愛を描いたハイブリッドファクション史劇。民の英雄になる世子と、父を斬首した世子に復讐しようとしながら恋に落ちるハン・ガウンの瑞々しいロマンスとともに権力を得るための暗闘が繰り広げられる。

1700年代の世子イ・ソンといえば思悼世子〔サドセージャ〕。あの正祖・李〔チョンジョ・イ・サン〕の父で、実父である英祖〔ヨンジョ〕によって米櫃に閉じ込められてお亡くなりになった悲劇の世子だ。

そんな人物を主人公にしているが、はっきりと思悼世子だと書いてあるわけではない。これは実在の人物と時代背景をモデルにしたフィクションなのか?、、、史実通りにストーリーを展開していくのか、それとも全く違う話をでっちあげてしまうのか?まだわからない。

世子と同音名のイソンという人物が登場してきて「王子と乞食」みたいな流れにして引っ掻き回すようだ。また、水の支配者が国を支配しているという史劇では新しい構図もちょっと面白そうだ。まったくのフィクションだった『太陽を抱いた月』や史実をモデルにしながら結果は変えてしまった『雲が描いた月明り』のように成功するのか、なかなか楽しみではある。

映画『家へ…』からスターの道を歩んできたユ・スンホと、『太陽を抱いた月』の毒女から改心して聖女の道を歩み出しているキム・ソヒョンの子役出身若手カップルがドラマをリードする。

ピョンス会という架空の闇組織と、ヤンス庁というあったのかなかったのかよくわからない官庁が出てくる。「ピョンス会」は番組サイトによると「辺首会」。けれども「ピョン」のハングル表記は「」なのに「辺」のハングル表記は一般的には「」なので合っていない。「ヤンス庁」の漢字表記はまだわからない。

ところで、このMBC水木ドラマ枠は長らく1話70分で編成されていたが、今回は1話35分で2話連続放送している。これは中間にCMを入れるために分けただけのように見えるが、視聴率も分けて出るようになったので少々面倒くさい。また、40話予定になっているが、これはこれまでの20話と同じ分量になる。

■視聴率推移(TNmS全国版)

1話:8.8%

2話:10.1%

3話:10.4%

4話:10.8%

5話:8.5%

6話:9.2%

7話:10.4%

8話:11.6%

9話:10.6%

10話:11.7%

11話:11.1%

12話:12.3%

僅差ながら時間帯トップでスタート。3週目には他を引き離しつつあるように見える。

・『君主−仮面の主人( )』サイト&データ

http://www.imbc.com/broad/tv/drama/gunju/index.html

■脚本

パク・ヘジン

チョン・ヘリ

■演出

ノ・ドチョル(ソウルメイト、総合病院2、キラキラ輝く、ママの庭)

パク・ウォングク(あなたそっくりの娘、ワーキングママ育児パパ)

■登場人物

李愃〔イ・ソン〕(ユ・スンホ) 仮面をつけた世子

ハン・ガウン(キム・ソヒョン) 武人の娘

異線〔イソン〕(エル@INFINITE) ガウンの幼馴染/白丁の息子

キム・ファグン(ユン・ソヒ) ピョンス会首長の孫娘

デモク(ホ・ジュノ) ファグンの祖父/ピョンス会の最高首長

ウボ(パク・チョルミン) 世子の師/元成均館司成

イ・チョンウン(シン・ヒョンス) 世子の護衛武士

パク・ムハ(ペ・ユラム) 世子の忠臣/漢城府下級役人

メチャン(イ・チェヨン) 世子の情報係/妓女

キム・ウジェ(キム・ビョンチョル) ファグンの父/デモクの息子

チュ・ジンミョン(キム・ジョンス) 左議政/ピョンス会員/デモクの右腕

チェ・ソンギ(ト・ヨング) 同知事副総官/王妃の従兄/ピョンス会員

ホ・ユゴン(チョン・ギュス) 左賛成/ピョンス会員

チョ・テホ(キム・ヨンウン) ヤンス庁長/ピョンス会員

コン(キム・ソギョン) ファグンの護衛武士/ピョンス会の暗殺者

チャン書房(パク・キリュン) デモクの雑務係

王(キム・ミョンス) 世子の父/ピョンス会員/21代王英祖がモデル

王妃(キム・ソンギョン) 世子の義母/武人家系出身

ヨン嬪李氏(チェ・ジナ) 世子の母/王の側室

イ・ボム(チョン・ドホン) チョンウンの父/王の側近/禁軍別将

ヒョン・ソク(ソン・イングク) イソンの忠臣/内禁衛兼司僕

ハン尚宮(チョン・アミ) 王妃殿の尚宮/王妃の腹心

尚膳(イ・デロ) 3代の王に仕えた内侍

ハン・ギュホ(チョン・ノミン) ガウンの父/漢城府左尹

ユソン宅(パク・ヒョンソク) イソンの母/ガウンの乳母

イソンの父(チョン・ヘギュン) ヤンス庁の労働者

コムリ(コ・ナヒ) イソンの妹/ウボの手伝い