5月20日(土)の日記 明治三十五年旧六月二十日

 今朝の香川は雲一つ無い快晴の空が広がっています。

今朝の気温は16℃あり更に風もないので暖かな早朝ウオ−クでした。(-_-;)

2日続きで快晴の青空が広がっています。\(^o^)/

歩き始めて東の空に一段と輝く夜明けの明星「金星」を写しました。★

三脚を使用していませんので多少ぶれていますがご覧下さいね。

今朝のご来光は5時3分でした。\(^o^)/

今日は徳島でお仕事です、素敵な出愛いを楽しんでまいります。(o^―^o)ニコ

さてさて、今朝も生かさせて頂いた事に感謝し、今日一日、明るく、元気に、前向きに、真剣に生かさせて頂きたいと思います。

今朝も素敵な一日の始まりです、キッと善い事が雪崩のごとく起こります。

 あ〜りがたや、ありがたや〜♪で〜〜〜す。・・・ワク♪ワク♪ドキ♪ドキ♪ルン♪ルン(^^♪

では大本神諭の続きです。

明治三十五年旧六月二十日

 世を立替て先の判る世に致すぞよ。前途はドウ云ふ事に成る、此の事はコウ言ふ事に変わると言ふ事は、先きが判りて居らねば、二度目の世の立替と云ふ様な、大望な事は出来んなれど、此の艮の金神は先きが見えて、此世のエンマとも言ふ、天地の守護を致す此の方で在るから、何な神の下にも成らんと申すのは、高い卑くいは兎も角、これまで落ちて蔭からの守護で、何事も控けて居りたなれど、表に成りて、此の世一切の守護は、此の方で無いと、モウ一寸も先きえ行く事が出来んやうに成りたから、一寸も行けん様に成るまで、化けて世界中の調査が致して在りたから、此の世に何一つ知らん事の無き様に修業が出来たから、モウ此の先きは此の方の行り方で無いと、此の世持つのは、何の神様でも行かんからじゃぞよ。此の事の真相が判る守護神で無いと、誠の御用は出来んので在るぞよ。先途の見えん神が、何時迄も此の儘で続くやうに思ふて、今迄の同じ行り方を、モ一ツ強くして行ろうと、目録みて居るが、出口に明治二十五年に申して在る様に、此の世界に在るものは、人民のものの様に思ふて、世界の人民が皆我欲斗りで、強い者勝ちに、分け取りに致して居るが、皆天地の所有物\xA4

任△襪ǂ蕁∪い領Ë悗鮹廚垢反修垢里蓮"戝恭⏁恵呂惻茲蠑紊欧椴擦佞反修靴董⌆倮茲暴个靴萄澆襪召茵\xA3

今朝の大本神諭はここまでです。

今日一日「素直に 明るく 元気に 前向きに」真剣に生かさせて頂きます。

惟神霊幸倍坐世

では皆様、素敵な一日をお過ごし下さい。(o^―^o)