私が長年研究して来た刀の成果が展示されます。

私は刀が好きなこととから、地元三条出身の栗原信秀と明治に入ってから隣町加茂に駐鎚した会津の幕末の名工11代兼定を主な対象にして研究して来ました。

収集品も、この二人の作品をメーンにしていますが、この度、新潟県十日町市の「星と森の詩美術館」で、私が所蔵している作品を展示することになりました。

まだ、しばらく先ですが、6月9日から開催になります。

次の星と森の詩美術館のページに正式に予告がされていますのでご覧頂きたいと思います。

http://www.hoshi-uta-m.jp/03-schedule/index.html#exhibition2

期間中に一度展示変えがありますので、全品をご覧になる場合は2回お出で頂掛ければなりません。期間中のご来館を心よりお待ちしています。