浅田真央ちゃん 引退。

少し前から気にはなっていたのだ。

次々に若手が台頭してきて、真央ちゃんは上位には顔を見せなくなって。

村主章枝選手みたいに続けていくのもひとつの道だけど、真央ちゃんはどう考えているのかな…となんとなく感じていた。

トリプルアクセルではない、技術ではないところで強力な武器をみにつけないといけないんんだろうし、いまからそれをするのは大変そうだ。

次のオリンピックは多分出場できないだろう。

それでも、10年以上日本の女子フィギュア界を引っぱり、世界のフィギュア界でも「マオ アサダ」の名をとどろかせ、「マオみたいな選手になりたい」という若い子をいっぱい生み出した功績は、絶対におろそかに扱ってはいけないと思った。

「いつのまにかいなくなった」とか「真央ちゃんも年とったよなー」とか、そんな無神経な言葉を彼女にあびせることは許せないと思った。(森元首相はいいそうやけど!)

ブログの文章を見ていると、自分で納得して「選手としてのフィギュア」を卒業することを決めたみたい。

それはそれでいい。

長い時間、スケートだけに費やされてきた時間を、何か別のことに使えるようになるのだから、いろんな経験をしていけばいいと思う。

夜遅くのニュース番組のトップは真央ちゃんのニュースで、短くこれまでの戦績をまとめていた。

それでね、ワタシはソチ五輪の女子フリーはリアルタイムでテレビの前に正座して、ティッシュの箱を横に置いて泣きながらみてたんだけど、やっぱりあのフリーの演技は何度見ても泣いてしまうよ。

長いこと、本当にありがとう。

いっぱいいっぱい幸せになってね。

     -----------------------------------------------------------

浅田真央が引退 ブログで表明