読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

由良川狂詩曲〜連載第9回

第3章 ウナギストQの冒険〜戦う深海魚たち

                     

ああケンちゃん、僕はもうこれですべてジ・エンドだ。

由良川のウナギストたちには申し訳ないけど、僕は、性格が悪くて腹ペコちゃんりんゆであずきの深海魚たちの手にかかって、よってたかってオルフェオのようにやつざきにされて短い一生を終えるんだ。

ああ、魚たちが僕に襲いかかって来た。

急いで急いで辞世の歌をうたわなくっちゃ。

ああ、早くしなくちゃ。

えいくそッ、この非常事態に、いっとう大切な時に何の文句も出てこないとは!

と嘆きつつも、僕は歌ったんだ。

 ゆうべえびすで呼ばれて来たのは

 鯛の吸い物ございの吸い物 

 一杯おすすで

 スースースー

 二杯おすすで

 スースースー、

 三杯めにさかながないとて

 出雲の殿様お腹をたてて

 ハテナ ハテナ

 ハテ ハテ ハテナ……

するとその時、殺到するタラたちの前に、チョウチンアンコウが、夜目にも美しく輝くあのチョウトンを高々と掲げて、立ちふさがったの。

そして大声で叫んだんだよ。

「待て、このチビウナギをお前たちに独り占めさせておく俺さまだと思ったら、大間違いだぞ。こいつを喰いたきゃ、その前に俺さまを斃してからにしろ!」と。

そこへ、フジクジラとカラスザメも大勢の仲間と一緒に駆けつけ、アバンコウ、ワヌケフウリュウウオ、トリカジカ、それに例の悪漢3人組が入り乱れて、光と闇、蛍火と燐光、正義と邪悪、弱肉と強食、天使と悪魔、髑髏と般若、有鱗と無鱗、花と蝶とが丁々発止の大決戦!

深海魚同士の同志討ち、さらには共喰い騒ぎまでおッぱじまったのをいいことに、雲を霞み、夜を曙、波を帆かけの夜討ち朝駆け、艦長ネモの操縦するノーチラス号を遥かに凌ぐ最大巡航速度25ノットで、深度800メートルから、たちまち500メートル、300メートルまで、ぼく、一気に浮上したの。

そしてヒョーキン者のスナイトマキやキタホンブンブク、チャマガモドキ、クモリソデ、ウチダニチリンヒトデ、トゲヒゲガニ、エゾアイナメにアヤボラ君たちが元気に泳ぐ姿を見たときには、「やれやれこれで助かった」と思わずひと安心したんだ。

ここでケンちゃんは、

「田舎のおっさん

 あぜ道通って

 蛙をふんで

 ギュ

 Qちゃん、九死に一生だったんだね」

と、かるーく一発ジョークをかましたのですが、

Qちゃんは全然耳に入らないようで、夢中で話を続けます。

ねえケンちゃん、聞いて、聞いて。

ボク「もう怖いことは、こんりんざいごめんだ、ごめんだ」と泣き叫びながらも、さらにエンジンを全開して、水深わずか50メートルのところを、猛スピードで泳いでいたら、時計回りにぐるぐる回るあたたかな黒潮と、反時計回りでぐるぐる回るつめたい親潮とが入り混じっているところに出くわして、上を下へのぐるぐる巻きに状態になってしまったの。

アジ、サバ、スルメイカ、サンマ、ブリ、カツオ、キハダ、カジキマグロの大群が、おいしいプランクトンを求めて踊り狂う大海原。

ようやっとの思いで水面すれすれ、青空と青い潮のいりまじる境界線にぽっかり顔を突き出したところは、ちょうど鹿島灘の沖合およそ1.5キロの地点でした。

  「君が代」も天皇陛下もなくっても僕らはちゃんとやっていけるさ 蝶人