『共謀罪』に反対する奴らの「革命暴力」是認思想!

国際共産党!

http://m.youtube.com/watch?v=GvXBNnpHFDI&sns=gr

マルクス「ゴータ綱領批判」〕

「資本主義社會と共産主義社會との間には,前者から後者への革命的轉化の時期が横はる.それにはまた一つの政治的過渡期が照應し,この過渡期の国家はプロレタリアートの革命的獨裁以外の何物でもありえない」

〔「共産党宣言」〕

「プロレタリアは確保すべき自分のものを何ももたない,かれらが破壊しなければならないものは,これまでのすべての私的安全や私的保障である」

「このことは,もちろんなによりも,所有権への,またブルジョア的生産諸関係への専制的干渉なくしてはできようがない」

〔「レーニン三巻選集」(9)〕

共産主義の原理は,プロレタリアートの独裁を樹立すること,過渡期に国家的強制を行使することにある」

マルクスヘーゲル法哲学批判序説」〕

「哲学はプロレタリアート揚棄なしには自己を実現しえず,プロレタリアートは哲学の実現なしには自己を揚棄しえない」

〔「マルクスの超素顔」徳間書店

マルクスプロレタリアートの闘士のポーズをとっていたが,この階級の人々を,「愚かなガキ,ごろつきども,ろば(まぬけ)」と呼んでいた」

〔「資本論」第一巻〕

「生産手段の集中も労働の社会化も,それがその資本主義的な外皮とは調和できなくなる一点に到達する.そこで,外皮は爆破される」

鍋山貞親共産党をたたく12章」有朋社〕

「当然のこととして,市場のメカニズムは消滅する.需要と供給の関係は,その一切が,政府の計画経済的統制に委ねられるのである」

〔森和朗「マルクスと悪霊」勁草出版SC〕

「按ずるところ,社会主義革命とかいっても,ただ資本主義的な生産様式の「外皮」が自然発火して爆破されるだけのことらしい」

「革命とは,血で血を洗い,人間が人間を撲滅するものであり,そのためにこそ,マルクスは,密かに「プロレタリアート独裁」を準備し,それをことさら神秘めかしてきたのである」

「「プロレタリアート独裁」が真に意図するところは,マルクスに反対するすべての人間の利己心の廃止,すべての私的所有の廃止,すべての階級の廃止にあるが,このような壮大な偉業は人類史上空前の権力と残酷さを総動員しなければ成就することはできない」

「だが,国家は破産しても,生産手段の集中と労働の社会化という資本主義の生産様式はそっくり温存された」

震災攪乱!

http://m.youtube.com/watch?sns=gr&v=xxQaHNZdAjA

「実際には朝鮮人による暴虐行為が数知れずあったため,逼迫した自衛の覚悟をもって自警団は立ち上がったのだ」(工藤美代子「関東大震災朝鮮人虐殺』の真実」)

「警察署襲撃などという,法と秩序への挑戦は以後も続発し,市民を恐怖のどん底に叩き込んだ」(「兵庫県警察史」)

「彼らは敗戦国に乗り込んできた戦勝の異国人と同じように,混乱につけこんでわが物顔に振る舞いはじめた」(毎日新聞社編「白い手黄色い手」)

[『三国人暴力団]「腰には拳銃をさげ,白い包帯を巻きつけた鉄パイプの凶器をひっさげた彼らの略奪,暴行には目にあまるものがあった」(「山口組三代目 田岡一雄自伝(第一部)電撃篇」徳間文庫)

「総連は敵地で戦う部隊だからスイカにならなくては.中身だけが真っ赤(金日成主義者)であればいい」(「産経新聞」平成22年8月7日)

朝鮮学校の運営は特定の政党の支持や政治活動を禁じた教育基本法に抵触することが指摘されているが,朝鮮学校の校長は朝鮮労働党に直結した政治活動家以外の何者でもないことを意味している」(「産経新聞」H22.8.7)

共産党は日本人だけで構成されていたのではない.当時の党員の約3割は朝鮮人であり,これに中国人や台湾人など旧占領地国籍を持つ「第三国人」と呼ばれた勢力が,闇市を舞台に勢力を拡大していった」(「スレッド」vol.2)

「MI6の文書から「ボルシェウ゛ィキ革命を支援する代わりに,石油,石炭などの一部採掘権が英国,アメリカの企業に認められることになっていた」(ジョン・コールマン「真珠湾コンスピラシー」成甲書房)

野坂参三コミンテルンからアメリカへ派遣されたのも,アメリカに対し日本への参戦を促すためであった」(兵本達吉「日本共産党の戦後秘史」新潮文庫)

「革命とは,血で血を洗い,人間が人間を撲滅するものであり,そのためにこそ,マルクスは,密かに「プロレタリアート独裁」を準備し,それをことさら神秘めかしてきたのである」(森和朗「マルクスと悪霊」勁草出版サービスセンター)

[過渡期]「革命的轉化の時期が横はる.それにはまた一つの政治的過渡期が照應し,この過渡期の国家はプロレタリアートの革命的獨裁以外の何物でもありえない」(マルクス「ゴータ綱領批判」岩波文庫)

日弁連、「共謀罪」反対声明 「テロ無縁の犯罪も対象」

(朝日新聞デジタル - 03月31日 23:45)