落語と歳時記

「十六団子の日」。。。田の神様を山から迎える日です。海辺の水も温み、潮干狩りのシーズンです。

昭和のはじめのころは東京湾でも漁師が沢山の船を出して漁を営んでいました。池上落語会にご来場の方からもを 東京湾で潮干狩りを経験したことを話されています。

海が埋め立てられて海で生計を立てていた時代が今は昔ですが、海産物として地元の「大森の海苔」や「あなご」などは今でも重宝がられています。

落語のネタ。。。「三人旅」「お血脈

広告を非表示にする