読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

結婚してなくてよかった、と思った瞬間

大病をしたからねぇ、惚れたヲンナをこんなことに巻き込まなくてよかった、と本当に思った

男女に質問!結婚したいなあと思う瞬間とは?

理解できる人だけ僕の話を聞いてください。

■ウインドウズの場合「フォルダオプション」で拡張子を常に表示させるようにしてください。

■メールソフトですが、Beckyというソフトを使用してhtmlメールは自動的に

ダウンロードするのではなく、プレーンテキストでみて、興味ある場合だけhtmlメールをダウンロードするようにしてください。

■添付ファイル付メールが来た場合、@マークの後ろのドメインを確認するようにしてください。また、ドットの後ろが日本以外のメールはとくに注意してください。

あと、Yahooとかgmailのようなフリーアドレスにも注意してください。

仕事でフリーアドレス使ってる人よくいますけど、社会的信用がどれだけないかわかってるのでしょうか?

自分の会社のランクを落としてるのに気付いていない零細の経営者の多いこと多いこと。

なぜ、このアホの経営者たちはフリーアドレスを使うかわかりますか?

ちゃんとしたアドレスをメールソフトで設定することができないんです。この人達。

年商数億の小売の経営者にも信じがたいけど多いんです。

gmailとかヤフーメールを使ってる時点で

「あ、この会社、なんちゃって」だと思われてるってこと理解してくださいね

しかも、名刺にgmail印刷してるバカっぽさ

■nPOPというフリーソフトがあります。

このソフトで、メールサーバーで一覧を表示させて、あきらかに変なメールや広告メールはサーバーで削除して、パソコン側に受信しないようにしてください。

理解できますか?

私は仕事で出会う人すべてといってもいいくらい

私の言うことが理解できない人がほとんどです。

あなたがもし

PCを使って小売などをしているような職業の人だとしたら

最低限、私の言ってることくらい理解できるようにしてください。

PCで仕事をしてるという自覚をもってください。

あなたの無知で回りの人がとても迷惑をしています。

あなたは無知だから

そのことをお金で解決しようとします。

あなたの無知を助ける業者さんに対して

お金を払ってるのだから当然サービスを受けるものだという高飛車な態度にでます。

ですから

あなたは

業者に対して

「ぼったくり」という言葉を言いますし

うまくいかないとき

自分の無知を

業者のミスという責任転嫁をします。

あなたはそれでもプロといえるのでしょうか?

恥ずかしい人達。

「駐禁報告書」「保安検査」……ウイルスメール拡散 警視庁が注意喚起

静岡ホビーショウ 2017 その3

タカラは 相変わらずのボトムズ 完成品モデルとはいえ 12000円は高いな

タミヤが 全くミリタリーに力を入れていないのを 弱小メーカーがガンバる

ファインモールドの 60式装甲車 重MAT装備 ジープ+MATも同時発売

そして PLATSは イスラエル型シャーマンと 日本の チハ そして特4内火艇(上陸用戦車的なもの)

国画展を鑑賞後、横浜みなとみらいと中華街を散策

午前中、六本木の国立新美術館で国画展を鑑賞。絵画、版画、彫刻、工芸、写真の5部門があるが、いずれも抽象性、モダン性が濃厚で、日展とは真逆。だが、その作品レベルは日展にも決して劣らない水準にある。(と素人目ながら自分は思う)館内の軽食ラウンジで名物のサンドウィッチをつまんでから東横線で横浜みなとみらいへ。ランドマークタワー内をぶらぶらし、本屋で古くなった定期入れの代わりを購入。そういえば、今使っているボロボロの定期入れは、現役時代に人間ドックでここランドマーク内のロイヤルパークホテルに泊まった時にショップで買った一品。そのロイヤルパークホテルのロビーで、三菱造船の乾ドックを眺めながらしばし休憩。帆船日本丸の横を抜け、汽車道を通り、赤れんが倉庫や象の鼻の脇を通って横浜グランドホテル内をぶらつき中華街へ。情報を集めていた5〜6店の中華店の外観やショーウィンドウに飾られた料理をチェックして回り、そのうちの一軒にエイヤーと飛び込み、女房のウン歳の誕生日を祝った。

チェコの旅日記 ☆ 第1章

チェコの古都☆プラハへ、

ご褒美旅行に一人旅に出掛けて来ました。

オレンジ色の屋根の家々と、石畳で埋め尽くされた美しい街並み。

まるでおとぎの国に舞い込んだかの様な素敵な街並みは、どこを歩いていても退屈する事無く見所で一杯でした。

そして、中世の歴史溢れる建築様式の数々..

お城や、教会、最古の石橋etc...

その建造物の見事な美しさには、足を止めて見入ってしまう程でした。

初日はホテルへ到着すると、プラハ世界遺産の数々を歩いて散策する事にしました

この季節になると、ヨーロッパはサマータイムが旅行者には有難くて、夜10時頃迄は外が明るいので、つい遅くまで遊び過ぎてしまい、帰る頃はいつも夜中になり大慌てで翌日の準備をしてしまいます。

まだ日本程暑くもなく心地良い季節の中、ヴルタヴァ川に沿って歩いていると、ほんの5、6分で見えて来ました。

念願だったヨーロッパ最古の石橋☆カレル橋。

橋の上の左右には、ザビエルを始め30体もの著名な像が、感覚をおいて並べられ、露店が並び、大道芸やジャズ演奏なども行われていて、まるでお祭り気分

観光客で大賑わいで楽しかった。

プラハっ子の庶民的おやつと言われるトゥルデルニークが、露店でクルクルと焼かれていたので試してみると、シナモン味のスイーツで、素朴な味わいでとても美味しかった。

プラハ城に行く坂道では、これぞプラハ的な景色に遭遇し、美し過ぎて、まるでカメラマンにでもなったか?の様に、写真を暫く取り続けてしまいました。 Ahaha〜

そして、高台にそびえ立つプラハ城へと到着

聖ヴィート大聖堂では、今東京でも話題の画家、ミュシャの美しいステンドグラスに感動でした。

ミュシャは、チェコの切手や紙幣のデザインまでも手掛けた偉大な画家だった様です。

そして、黄金小路でお買い物をし、教会やお庭を散策したりして、まだまだのんびりずっと散策を楽しみたかったのですがタイムリミット。

夜はプラハ名物のマリオネットの人形劇☆モーツァルト傑作のオペラ「ジョンドマーニ」を観劇しに出掛けました。

80年も続く歴史あるマリオネット劇場〜

お話の内容も全くのコメディなのでチェコ語が分からなく共、面白可笑しくずっと笑い続けられて、等身大に近くよく出来たお人形を舞台の上から操るスタッフの姿も、一番前の席で観る事が出来、そのカラクリもじっくり眺めながら、2度楽しむ事が出来ました。

2時間程の観劇を終え外に出るとまさかの雨。しかもどしゃ降り。

時刻はあと一時間程で日が変わってしまう頃。

タクシートラブルが相次ぐ、プラハの初めての街で、

まさかのタクシーが捕まらないと言うハプニングに遭遇。

一抹の不安がよぎりましたが、何とかその日のうちにホテルへ戻る事が出来て感謝

16時間のフライトを終えて、そのまま観光し続けた凄まじく濃厚な1日だったと言うのに、プラハの街は、いつの間にかそんな時も忘れさせてくれていた程、新鮮な空気や景色のお陰で、素晴らしい旅の1日目を無事に終える事が出来ました。

翌日は早朝から、

今回の旅の一番の目的

郊外にある可愛らしい町☆テルチへ向います。

チェコの旅日記 ☆ 第1章 〜

Chapter 1

艦これ 2017春イベ E-5

本日E-5クリア。

画像も確保したので、日記にする。

最初のゲージは5回トライで削れた。

問題は2回目のゲージ。

戦艦4、軽空母2の第一艦隊。

(霧島、榛名、Bismarck、イタリア、隼鷹、祥鳳)

特効の連中を揃えた第二艦隊。

那智、阿武隈改二、ベールヌイ、木曾、霞、北上)

3回目まではS勝利だった。

4回目から上手く行かなくなった。

ラスダンの間に、こんな連中が来た。

で、戦艦2隻を大和に武蔵に変更。

で、何とかクリア。

ガングートきました。

さあ、E-1に戻って早霜を探すとするか。

まさに邂逅?

甲府二日目。

昨夜は久しぶりの春菜さんのお店ですっかり酔いつぶれ、全く記憶がないのだが、今日はそのリベンジで当然のように春菜さんのお店にご来店。

ご来店の前に仕事が終わってホテルに帰ったら、前から自分のTシャツと同じロゴがプリントされた外人とばったり出会う。その顔を見ると俺がベルギーに行ったときに、よく一緒に昼飯を食いに行くグループの一人のRenaoudだった。

というわけで、さっそくHideとRenoudと3人で、春菜さんのお店で酔いつぶれてしまいましたとさ。

でも今日は記憶はあるけどね〜〜〜〜